Performance

楽曲そのものの魅力とアーティストの魅力

音楽の魅力は楽曲そのものの魅力とアーティストの魅力が融合したものです。
世界中のあらゆる場所で様々な音楽が流れていますが、音楽の魅力は人によって感じ方が異なります。

共通している魅力のひとつが音色です。
楽器には様々な音色があり、ピアノの音色やギターの音色は全く違います。

同じ楽器であっても出す人が違うと音色も違うものになります。
同じ人が同じ楽器を弾いても、全く同じにはならないです。

ライブ

演奏にはライブと呼ばれる生演奏と録音がありますが、ライブに行った人が同じ演奏を録音で聴いても100%同じには聴こえないです。

音は一瞬で消えますが、音楽は永遠に心に残る美しいものです。

誕生してからずっと愛されているのがクラシック音楽です。
クラシック音楽を聴くことで想像力を高めることができます。

数百年も前の楽譜が現在にまで受け継がれ、様々な人々の手でよみがえります。

ポピュラー音楽

作曲家には世界的に知られた作曲家もいればマイナーな作曲家もいますが、楽譜には作曲家の様々なメッセージが含まれています。
クラシックはポピュラー音楽とは異なりルールがあります。

一定の制約の中で演奏が行われますが、オーケストラや指揮者が変わると演奏される音楽の印象も変わります。
時代が変わっても新しい解釈と演奏によって新作のように楽しめるのがクラシックの醍醐味です。

音楽の大きな魅力は心の底から感動できることです。

悲しい曲を聴くと悲しい気持ちになり、明るい曲を聴くと元気になります。

美しく繊細な旋律に心を癒される人は多いです。
この効果はミラーニューロン効果と呼ばれています。
音楽を楽しむ能力は誰でも持っています。

自分が好きな曲を聴くと脳が元気になるホルモンが分泌されます。
音楽は人間の感情を左右することができます。
ドーパミンなどの快楽ホルモンが分泌され脳が活性化されると健康にも良い影響を与えます。

音楽は自分の感情をコントロールできる優れたツールでもあります。
インターネットが広く普及したおかげで、インターネット環境があれば世界中どこにいても24時間365日音楽をダウンロードして聴くことができます。

ライブが大好きな人は多いですが、生演奏が大きな感動を呼ぶのはミラーニューロンが関係していると考えられています。
オリンピックや世界的なスポーツイベントを見ていると一流のスポーツ選手が試合前に音楽を聴いていることがあります。

音楽を聴くと集中力を高めることができます。

リズムとメロディー、ハーモニー

人類が地球に誕生してから様々な音楽が生まれています。
西洋音楽ではリズムとメロディー、ハーモニーが重要です。

リズムは律動でメロディは旋律を意味します。
ハーモニーは日本語で和声になります。

人間が持っている音を楽しむという性質は生物としては珍しい性質です。
人類が音を楽しむようになった過程は未だにわからず、脳が音をどのように感じて感情の変化が起こっているかも謎が多く残っています。
生物学的にみると音楽は謎が多いものです。

音楽の歴史を辿っていくと、まず歌があります。

人が歌うようになり、楽器が登場します。

最初の楽器は打楽器だったと考えられていますが、その理由は構造が単純だからです。

管楽器や弦楽器よりも打楽器は構造がシンプルで作りやすいという特徴があります。
手を叩くだけでも音を鳴らすことができます。

音楽を楽しむ

古代の楽器は大自然の中で使うものでしたが、次第に家の中で使えるものが登場します。
ドイツの洞窟では最も古い笛が見つかっています。
現存している世界最古の歌は約3400万年前のものです。

はるか昔から人々は音楽を楽しんでいたことがわかります。
音楽は技術の進歩とともに変化していますが、技術が高度になっても音楽を楽しむ心は不変です。