NEWS

ストリーミング配信

何気ない気持ちで入店したコンビニや通勤通学で連日利用する駅のプラットホーム、大切な方と共に食事を楽しむレストランなど人々が過ごす場所には高い確率で音楽が流れています。

時代や需要の変化に伴いレコードからCDに移り代わり、ストリーミング配信が主流になったようにメディアタイプが変更になっても、人々はいつの時代もアーティストが強い気持ちを込めて作った音楽に触れ合っています。

非常に長い歴史がある場合、年月が経過する度に影響力が小さくなったり無くなってしまう物事の方が多いのにも関わらず、音楽は影響力が小さくなるどころか心の拠り所というように、ますます人々にとって欠かす事ができない存在になるのは、音というものは全く同じ音を生み出す事ができない様子があります。

一言で楽器とは言ってもピアノやヴァイオリン、ギターというように様々な楽器があり種類が違えば、たとえ同じ弦楽器という種類に分類されていても聞こえてくる音色は全く違うものになります。

演奏会場となるホールやステージ

楽器が異なると聞こえてくる音色も異なるというのは誰にとっても想像に難くない事ですが、実際には同一の楽器を同一人物が演奏していたとしても感じられる表情が大きく異なります。

生演奏の時は演奏会場となるホールやステージなどにより同じ機材を使用していても醸し出せる雰囲気が全く違ったものになりますし、録音に際しても収録する環境下により同じ歌詞やメロディを演奏していてもまるで違う作品に聞こえるほどです。

作品の仕上がりに取り分けて拘るアーティストなどは国内にも優れた録音スタジオがあるのにも関わらず、あえてアメリカの録音スタジオに機材の一式を持ち込み録音を行うのは、周囲を取り巻く空気の質が日本とは異なるためであり、異なる空気の質によって録音される楽曲の雰囲気も違ったものになるので、国内で録音作業に励むのはではなく手間と時間をかけてでもアメリカに出かけて録音作業を行っています。

そのような様子からもわかる通り、音楽というのは大変儚いのにも関わらず美しさも兼ねているという特徴があるのですが、儚く美しいというのは日本人にとって相性が良く特別なものという認識が持たれています。

それは日本を代表する花火や桜といった存在とも共通する事であり、花火というのは花火職人が1年間にわたって強い気持ちを込めて手掛ける作品の一瞬の美しさを楽しむ事ですし、桜は1年間のうちでわずかな日数しか楽しむ事ができません。

楽曲

花火と桜のどちらにおいても本来であればずっと続いてほしいという気持ちとは裏腹にすぐに無くなってしまうという儚く美しいものなので、同様の魅力を有している音楽は日本人にとって魅力に感じ欠かせないものであると捉えているからこそ、特別なシーンに限らず生活圏においてもあらゆる所で耳にする機会があるという裏付けになっています。

そのように音楽というのは、生活圏において流れていて何気なく耳に入ってくる事のみに限らず、自分の気持ちと自身が向き合い手に取る楽曲を変更するというシーンも珍しくありません。

嬉しい気持ちや悲しい気持ちといった感情をきっかけにして手に取る楽曲が臨機応変に変えられるのですが、一見自然に感じられる気持ちと対話をして再生する作品を変更するという行為は、音楽が持つミラーニューロン効果という効果によるものです。

ロックアーティストの激しいロックミュージック

人は悲しい気持ちになっている時に必ずしも悲しさを助長させるバラードなどを聞くとは限らず、悲しさを吹き飛ばすようなロックアーティストの激しいロックミュージックを聞く事もあります。
そういった耳にする音によりそれまで抱いていた気持ちに変化が現れ、心機一転になるというのは人間のみに確認されている効果であり、深層心理に訴えかけるからこそ音楽はいつの時代も欠かせないものになっています。